美術検定オフィシャルブログ~アートは一日にして成らず

「美術検定」のオフィシャルブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関西おすすめ美術館

初めまして。アートナビゲーターのたかしまです。
私は関西在住で2年前から兵庫県立美術館のボランティアをしています。
今回は毎週のように通っている大好きなこの美術館の近況、そして近くのランチスポットを、私の目線でご紹介させていただこうと思います。


最初に簡単に美術館のご紹介をさせていただくと…
平成7年に起きた阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして、平成14年神戸に開館したのが兵庫県立美術館です(前身は1970年に開館した「兵庫県立近代美術館」)。
安藤忠雄さんによる設計でも有名です。

gaikan

昨年からは蓑豊館長(金沢21世紀美術館の前館長、著書に『美術館革命』など)が就任され、少しずつ新しい試みが始まっています。

たとえばちょっとさびしかった北入口には、円形のスクリーンが設置されました。
ヨコ3mタテ2m、145インチの大型プラズマディスプレイで、神戸の企業、篠田プラズマ(株)製だそうです。

entrance

画面には美術館や神戸の風景が映し出され、中では音楽が流れています。


そうそう、そういえば台風の影響で修理中だったジョージ・リッキーの作品が帰ってきました!
この作品は、美術館西側にある野外彫刻です。

work

タイトルは《上を向いた2本の線-30フィート》というのですが、その名の通り思わず
見上げてしまうほどの高さがあり(高さ17.4m)、作品の先にある2本の棒が風に揺れて、
まるで時計の針が動いているようにみえます。


青い空と美術館のガラス・コンクリート、そして鉄のこの作品はよく似合っているように感じます。

*****

そして最寄りの阪神電鉄の駅名はずっと「岩屋駅」だったのですが、副駅名として「兵庫県立美術館前」が命名されました。
「岩屋(兵庫県立美術館前)」 駅 という新しい駅名看板も設置されています。

station museumroad

また山手側の王子動物園から海側の美術館へと続く南北約1キロの道路に「ミュージアムロード」という愛称が命名されました。
今はBBプラザ美術館という小さな美術館やカフェ、ショップが点在しています。
なかには兵庫県立美術館の展覧会チケットで割引特典があるごはん処もありますから、休憩にもちょうどよいかも。
これから魅力的なギャラリーなどが並んで、街歩きがさらに楽しめることが期待されています。



そして最後におすすめランチスポットを。
さきほどのリッキーの作品がある西出口から出て西方向に、JICA兵庫という施設があります。


大きな地図で見る

そこの1階の食堂はカフェテリアになっていて、リーズナブルな食事を楽しめます。
おすすめは月替わりのエスニックランチで、今月4月はトルコ料理、来月は東ティモール料理です。
ベジタリアン向けのメニューもあり、国際色豊かなのです。

lunch

私が選んだのは4月のトルコ料理で700円。
インゲン豆、カリフラワー、ほうれん草といった野菜に、
ヨーグルトソースやオリーブオイルを使ったあっさり
ヘルシーな美味しい献立でした。
左のお皿のかぼちゃは実はデザートで、
クルミとシナモンのトッピングと相性ぴったりでした。


*****

さて、兵庫県立美術館の展覧会もPRさせてください。
4月26日(火)からは東京・名古屋を巡回した「カンディンスキーと青騎士」展が始まりました。

4月30日・5月1日は美術館の日で、美術館の屋内外をご案内する「美術館七不思議ツアー」や、ローラーダンス&腹話術のパフォーマンス、大人も子どもも楽しめるワークショップ「アートであそぼ!」など さまざまなイベントが行われます。

GW期間中も兵庫県立美術館で存分に楽しめそうな予感。
私もその期間中にコレクション展ガイドツアーのデビュー予定です。

プロフィール/美術関係の専門教育を受けたことがなく(文学部日本文学科出身)、体系的な知識が学んでみたくて、美術検定に興味を持ちました。2008年に1級に合格。1級に合格できたことが後押しになって、美術館ボランティアを始めました。ただいま一人前のガイドになれるよう勉強中です!







| アート散策&カフェ | 08:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT